初恋二人旅

初めての二人旅は大江戸温泉物語で

「ご氏名を記入願います」二人の名前を書いた時、恥ずかしそうにうつむいてたね。

「あの雲変なかたち」「どの雲?」

お部屋に入ったら温泉へ行こうと思ってたけど、やっぱり一緒に過ごしたいよね。
館内を冒険したり、お土産を選んだり、何をやっても二人なら楽しいな。

「これ美味しそうだよ。取ってあげるね。」「ありがとう〜!」

「待った?」「え、いや別に」 可愛いなぁ、浴衣と洗い髪って反則だよ。
デートの後、いつも部屋で考えてたんだ。一人でいるこの隣に、もし君が座ってたらって。
どきっとする何気ない仕草に、子供みたいな笑顔。
意外にいたずら好きなところや、思ったより強情なところ。
今日一日でいつもの何倍も近く感じたよ。

人生で一番楽しい瞬間は、
誰にも分からない二人だけの言葉で、
誰にも分からない二人だけの秘密や楽しみを、
ともに語り合っている時である。
– ゲーテ -

上記サービス及び設備については、
各施設毎に異なる場合がございます。
ご予約時にご確認ください。

想い出を一緒に作る人にシェア